テルティマヤ・ツモルキンです。

分の途中ではい。っていってるのは実はそこから先は「続きから」になってる印なのです!

記事ではSS作者様などを批判する気は毛頭ありません。



はい。

このlivedoorブログでも専用カテゴリができる程度の人気を持つ我ら最高神咲-Saki-。

この咲-Saki-には、他のアニメなどとは一線を画す特徴があります。

それは、同人文化です。

同人文化って言葉が実際にあるかはさておき、つまり二次創作などのファンメイクの要素ですね。

もちろん他の作品にもSSやPixiv、同人誌がありますが、咲においてはそれらが特に多く、また重要視されているのです。

Case.1 風評被害

他の作品では少ないが咲では多い『同人文化』の代表であり負の側面でもある、風評被害。

これには多くの咲キャラが巻き込まれてきました。


①チームiPS(原村和・清水谷竜華・新子憧・福路美穂子・鷺森灼)

咲SSきっての知名度とマジキチを誇った『チームiPS』シリーズ。
和、竜華、憧、美穂子(後半は竜華out灼in)がサイコレズ同盟を組み、レズの名の下マジキチな体力と筋力で特定の女の子をあの手この手で追い詰めます。
読んでいない方はえすえす咲ちゃんねる様のhttp://www.sssakich.blog.jp/tag/チームiPSこちらからどうぞ。

この作品は完成度が高い上複数書かれ、発想も独特なために一気に広まり、『和、竜華、憧、美穂子はイカれたガチレズ』という風評被害を引き起こしてしまいました。

なんj民による伝統技能『詩的キャップ日記』もあって、未だに和や美穂子のSSではレズネタが絶えません。
出番の遅さから事なきを得たあらたそ、これ以上の風評被害のあった憧、怜と公式で結ばれた竜華はなんとか逃げきれましたが…

一介のSSによって四人ものキャラが大きく揺るがされるのも咲-Saki-ならではと言えるでしょう。

②円光アコチャー(新子憧)


円光してそうなキャラランキング。トップのアコチャー始め圧倒的な咲率が咲-Saki-の人気と共にどこか哀しさを物語っている(「援助交際に見る若者と咲の関係」民明書房刊)

『憧が小学生の見た目から急に大人らしくなってる、これはオトナの階段を上ったからに違いない!
というマジキチ理論から生み出された最悪レベルの風評被害。

もちろん上記の理論は全くのデタラメのネタだったのですが、アコチャー自体のイラストアドと円光というすばらわかりやすく良い組み合わせゆえに同人誌が爆増、エロSSにも引っ張りだこにされニコニコでは世界一位の女とかいう不名誉かつ因果皆無な動画を作られるなど暗黒時代と化しました。

今でこそ一種のキャラ要素となり、全体的には落ち着きはしました。

…が、果たして本編で一言も触れられていない円光が当然のようにキャラ要素に入っているのは如何なることか。


③軍人亦野さん

ベリーショートの髪型が余りにもボーイッシュでかっこよかったゆえに筋トレとかハンターと化したりとかしたコラ画像が乱発、SSにも降臨し一時ブームとなりました。

もはや亦野=軍人のような風潮ができていましたが、現在は殆ど沈静化していますね。ヨカッタヨカッタ…軍人ネタ好きでした




あとはこの前別記事で載せた放火魔咲さんとかですかね。

SSや掲示板の悪ノリネタが広まりもはや元ネタを知らない勢にも知られるようになる……不思議なことですが、自分はこれが咲-Saki-の同人文化の一つだと考えています。

そして、この風評被害の多くとSSが関連あるのも特徴です。これつまり咲-Saki-におけるSSの知名度・影響力がそれほど大きいことを表しています。こういった二次創作の類が一般ファンにも受け容れられている、これが咲-Saki-の同人文化の特徴だといえます。

キャラクター及びりつべ先生にとっては不本意この上ないと思いますが、もはや外せない要素になってるのも事実ですねw



Case.2 同人誌

多くをR18が占める同人誌は、好き嫌いが大きく分かれます。

エロ的な需要のみを求めている勢、エロと萌えを両立したい勢、萌えと愛でのみを求めている勢で求めている先が違いますからね。咲-Saki-においてもそれは適用されます。

しかし!
そんな同人誌ネタが当然のように広まっているのも咲-Saki-の特徴の一つなのです!

①ロッカー(竹井久)

グーグル先生の予測に

竹井久 ロッカー 元ネタ

と出る程度には知られており、且つ元ネタは知られていません。

これの元ネタは森井しづきさんの『狭いところがおちつくのってなんだろうねあれ』というエロ同人誌なのです!

まぁ大まかに言うと…ロッカーの中で京太郎が部長と融合って感じですね。

もはや今では部長といえばロッカー、みたいなのが有名ですが。こんなところにスッと同人、しかもエロ同人誌ネタが入るとは驚きですね。

 円光アコチャー

ま た お 前 か

前述の通り火付け役はエロ同人誌でした。

こんなところから円光してそうなアニメキャラ一位を取るから恐ろしいですね…


③消えた京太郎

突然ですがみなさん、この画像をご存知でしょうか。


ネタスレには定期的に貼られるこの画像。これもグーグル先生の予測に出てきます。『そして京太郎は世界から消えた』のセリフですね。

これも実は40010試作型さんの『Wonderland/Ununderland』というエロ同人誌なのですよー!(ドヤ顔)

内容は…前半は京太郎の妄想、後半は円光アコチャーです。

前半にばかり目が行きがちですが後半のエロさもなかなかいいですよ(宣伝)

ネタ画像として有名なので実際そもそもが同人誌であることとかすら知らない方も多そうですね。こういうのはやはり咲-Saki-の同人誌の多さも関係あるのでしょう。



とまぁ。
咲-Saki-において当然のように溶け込む同人誌ネタ…他ではあまり見かけませんよね。


それでです。

ここまでながなが語って総括何が言いたかったかというと、

咲-Saki-では二次創作などが幅を利かす独自の『同人文化』が 繁栄しており、本編ともはや別の世界観を作り出している。これも偏に二次創作を認めて下さっている小林立先生のお陰である。 敬礼 

書いてて思ったのは、やっぱり二次創作あっての咲-Saki-でもあるんだな、ってことですね。良くも悪くも。

疲れました。

では〜