テルティマヤ・ツモルキンです。

今回は遊戯王記事な上少しアンチするのでArc-Vに文句なし、且つ批判を見るとイライラしちゃう系の方はブラウザバックしてどうぞ。
はい。

歴代遊戯王を見てきた自分ですが、唯一「これはつまらん」と呆れた作品があります。

それが現在絶賛放送中の遊戯王Arc-V

可愛いと話題の主人公とサブキャラ、エンタメデュエルという斬新な発想によって人気を博している遊戯王の五代目シリーズです。


多くの場では。

私はArc-Vを見れば見るほど、「これほどの駄作は遊戯王ではない、看板を下ろすべきだ」という考えに至りました。

その理由を挙げたいと思います。

信者に甘えたガバガバ設定&ストーリー

「遊戯王なら当たり前」「遊戯王特有の超展開」

よく遊戯王界隈で聞かれる言葉です。
DMの発動していた!やGXの唐突な異次元と覇王化、大量死。5D'sのセイヴァーや顔芸、ZEXALのゼアルーラにバリアンジャー。

遊戯王の歴史を語る上で欠かせない要素でもあった「超展開」。しかしこれらが許されていたのはかっこいいからなのです。

冷静に考えると意味不明な超展開だが、初見リアルタイムだとその熱さに飲み込まれ、テンションが上がり、手に汗握る。

相手の攻め手を罠で華麗に避ける、友情を壊す敵と闘う、赤き龍の痣が集い絆が確かめられる、アストラルとの友情の証。どれも燃える要素があったんですね。

しかし、どうやらArc-Vのスタッフはこれを信者なら設定やストーリーが適当でも許してくれると勘違いしてしまったようです。

親友への厳しさを鍛える修行で負けた漢(笑)がグダグダと足掻いて本戦出場、中学生になった途端命を懸け始める危険なアクションデュエル、己の相棒カードを親友ではなく出会って一時間足らずの似た顔の得体の知れないやつに渡す、唐突な無意味な回想、住み込みで通っても一位になれないクソザコ塾。

普通に考えればひどいことがわかるはずです。
しかし、Arc-Vから入ったニワカ先輩…すなわち信者は遊戯王の顔芸、超展開のなんたるかを知らないのでこんなのが遊戯王の日常茶飯事、これが遊戯王なんだとしたり顔で語り出すのです。やってられるか!

顔芸は恐ろしさや迫力を出すためであって笑いを取るためではないんです。



②ガバガバな話数構成・決闘構成

これもひどい。

まずどうでもいい予選に一戦につき2話を消費させられました。

二週間かけて再登場のないモブとのデュエル。酷すぎる。

そして決闘構成。

北斗が連発させられるプレアデスのプレミ。

バトルフェイズに打てよ!!!!!!

そして素良vs黒咲戦。

実は最後のマッドキマイラ。戦闘時魔法罠発動不可がありました。つまり本来なら素良が買って黒咲が負けていたはずなのです。

あのさぁ…

決闘シーンくらい自分で見直して校正しろ!って思いますね。


③媚びを売る

一番イラつくところです。

今作になってから、露骨なネット&腐媚びが目立つようになりました。

オトメディアに公式腐絵を載せたり、ネット受けのために適当な顔芸。

そして、ネット受けに合わせてキャラの扱いを弄り回すネット媚び。

本来脇役であったであろう沢渡を無理やり引っ張り万丈目キャラにしようという露骨な策略、ネットでネタにしてもらうためだけにoPにもこみちを出す姑息っぷり。

なんていうか…みじめです。


はい。

日にちまたいでゆっくり書いたので変なとこあるかもしれませんがご容赦くださいw

ではー